開始申立てに際して

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

成年後見制度の利用開始に際しては、申し立てる時期の見極めが大切であり、そのタイミングによってフォローを仰ぐ内容が細かい部分で異なります。
まずは自身の判断能力の衰えが生じ始める前の段階で、自身の将来を見据えて後見人を確保しておく形での活用で、任意後見制度の利用開始申立てとなります。
対して既に判断能力が怪しい、精神障害が生じている状況の方々が利用するのが法定後見制度です。こちらは障害の程度により「後見」「補佐」「補助」に更に分けられ、各々後見人が権限を有して最終判断を下す内容も、ケースバイケースで違いが見られます。

但し制度の開始申立てから利用中に於いても、生活に必要な日用品の購入などを、当事者自身の判断で行ったとしても問題はありません。後見人は読んで字の如く、フォローを必要とする当事者の危うい部分を見守り、リスクの拡大やトラブルにまき込まれてしまう展開を防ぐ役割を担う存在です。

成年後見制度に関する詳しい情報に関しては、インターネットでの検索からの収集が可能ですが、配信内容の信憑性を見極める上で、司法書士事務所など公的な資格を有する公式サイト上の記述を参照から、申立てに際しての流れを含めてチェックするのが賢明です。
また、成年後見は弁護士に相談する事も可能です。申立ての代理だけでなく成年後見に就任してもらうこともできるので、まずは相談してみるのもいいでしょう。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket