後見人が必要なケース

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

私達の周囲に意識を向ければ、1人暮らしの高齢者、あるいは何らかの精神的障害をお持ちの方の存在が思い浮かびます。こうした全ての方々が家族や親族の介護や日常生活上の手助けを十分受けられるとは限りません。
勿論近所や自治体などが連携して見守る体制の構築は可能ですが、あくまで外部からの「見守り」を通じて緊急時に備える距離感であり、財産管理や日常生活に於けるさまざまな重要な決定など、当事者のプライバシーに関する部分にまで踏み込む事は出来ません。

冷静かつ的確な判断力の欠如を逆手に取られ、詐欺事件の被害者となってしまう、あるいは無意味な散財に至ってしまうなど、後見人を必要とする方々は、常に非常に危険な状態を生きておられます。更には自身のいわゆる終活と称される身辺整理が出来ず、財産の管理状態が不適切となってしまうなど、然るべき第三者が代行する事で状況悪化を防ぐべき展開も否めません。
こうした方々が利用する事で、自身の安全な生活環境の確保に繋げる制度として、成年後見制度が設定されています。また保険金受取手続き、訴訟手続きなど、何らかの重要な申請作業に際し、この成年後見制度の利用を視野に入れる方々も増加傾向を見せています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket