成年後見制度の役割

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

成年後見制度は認知症その他精神上の障害を有される方々が、円滑な日常生活を過ごせず、結果さまざまな場面で判断や行動に窮してしまう状況を回避すべく、第三者の後見人が「見守りサポートする」システムを正しく構築する上で欠かせぬ制度です。
近年その手口の巧妙化に歯止めが利かぬ、いわゆる「振り込め詐欺」、あるいは本人の判断力の欠如に巧みにつけ込んでの、不当な高額商品の強引な販売からキャンセルに応じぬ悪質商法など、世の中には常に数々のリスクが混在しています。そしてこうした悪しき行為のターゲットとして真っ先に狙われるのが、冒頭で述べた方々に他ならないのが現状です。

こうした悪しき行為の根絶は、残念ですが不可能に近いのが悲しい現実ですが、成年後見制度を上手く活用する事で、被害者のリスクからの回避を図る効果が十分に期待されます。
同時に同制度は単なる対象者の庇護のみならず、適正な距離感でのサポートを通じ、あくまで自身の判断や決定に基づき、実社会に於いてより円滑な生活環境を確保から、自身の力で「生きる」毎日を現実とする上でも、重要な役割を担うシステムとして注目されています。

ここでは以下、多くの方々がその名称こそ記憶の片隅にとどめつつ、具体的な内容や役割に関しては広く周知されているとは言い切れぬ、成年後見制度に関する基礎知識をご紹介申し上げます。現時点では特に必要性が感じられずとも、ぜひ踏まえておいていただきたい制度ですので、まずは最後までご一読ください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket